時時腕時計(ときどき、うでどけい)

趣味で集めた古い腕時計や日々の出来事を綴るブログです。

酒匂ミユキ

 

素敵なハスキーボイスです。

相当の実力派だと思いますが、プロデュースに恵まれなかったのでしょうか。カバーアルバムを3枚出しただけで活動が見えなくなってしまいました。

このアルバムも既に廃盤で手に入らないと思います。

(ご興味のある方はお貸ししますよ)

 

Man

f:id:oto-man:20200204225647p:plain

発売日2003年02月14日

ミニ・レビュー
下北沢界隈で人気の女性シンガー、酒匂ミユキのデビュー作。期待しないで聴いたら度肝を抜かれた。葛城ユキほどしわがれてないが、スモーキな声とソウルっぽい歌いまわしは絶品。今回は清志郎や拓郎などのカヴァーだが、次はぜひオリジナルを聴いてみたい。

スローバラードはしびれますよぉ~。 

 

WoMan

f:id:oto-man:20200204225935p:plain

発売日2003年08月22日

ミニ・レビュー
女性ブルース・シンガー、酒匂ミユキが歌うバラードのカヴァー集。選ばれたのは浅川マキ、内藤やす子山口百恵美空ひばりなど、昭和の時代を彩った切ない曲ばかり。ハスキーな声で歌い上げ、さらに悲しみを帯びた曲に生まれ変わった。酒場が似合う。

 

Human

f:id:oto-man:20200204230025p:plain

発売日2004年05月19日

ミニ・レビュー
ジャニス・ジョプリンを彷彿とさせるしゃがれ声の女性ヴォーカリストのカヴァー三部作の3作目。前2作が邦楽曲だったのに対し、今回はストーンズキャロル・キング、ポリスらの洋楽曲をカヴァー。それにしてもストーンズの「ブラウン・シュガー」は見事にはまってるなあ。

 

最近の活動

YOUTUBEに酒匂ミユキさんがゲストボーカルで歌っている映像がありました。

2018年、2019年に投稿された映像ですので、最近も歌われているのかな。

残念ながら本人の絵は出てきません。

 


昔の女 (feat. 酒匂ミユキ)

 


鬼 - 終わったばかり feat.酒匂ミユキ【MV】

 


他人 (feat. おちょこ & 酒匂 ミユキ)

まとめ

今でも南青山MANDALA(マンダラ)で見たミユキさんを思い出します。

小柄な体から迫力のあるハスキーな声で、大音量のバックで歌っていました。

今もどこかでたまには歌っているのでしょうか。