時時腕時計(ときどき、うでどけい)

趣味で集めた古い腕時計や日々の出来事を綴るブログです

SoftBank光からドコモ光に契約を変えたら、対戦型ゲームがNGとなった

 

SoftBank光からドコモ光に契約を変えたら、対戦型ゲームがNGとなった。
原因は、ドコモ光を使う@niftyIPV6サービスで契約されていたことによる。

IPV6サービスの場合、ルーター@niftyのIDなどを設定せずとも、すぐにインターネット接続ができるメリットがあるそうです。
その仕組みは不明ですが、確かに届いたルーターにLAN線を接続するだけでインターネット接続できていました。
さて、これを従来のIPV4サービスに戻す必要がありそうです。
戻せばOKかというとやってみないとわかりません。

以下手順です。

niftyに電話して手順を聞く(0570-03-2210 ガイドに従って、2→2→3をプッシュしてオペレータにつなぐ)

本人確認やら何やら聞かれるので契約書を手元に置いておく。
IPV6を解除したい目的は何ですか?と聞かれたので、ドコモ光With@niftyにしたらPS4の対戦ゲームができなくなったから戻したい。と答える。

@niftyIPV6サービスを解除する

@niftyホームページから解除する画面を呼び出す(電話でガイドしてくれる)。
自分でやらなくても代行もしてくれると言われたが、ガイドしてもらって自分で実施を試みる。

1)https://www.nifty.com/ にアクセス
2)左メニューの「会員向けサービス」をクリック

f:id:oto-man:20200101092804p:plain



3)オプションサービスの「IPv6サービス」をクリック

f:id:oto-man:20200101092850p:plain



4)「IPv6プラス」の「詳しくはこちら」をクリック。「IPv6接続オプション」という箱もあるがそちらは後でやる。間違えないように。

f:id:oto-man:20200101092948p:plain



5)「お申込み状況の確認・解除」をクリック

f:id:oto-man:20200101093038p:plain



6)@niftyのIDとPWを入力してログインする。
7)現在の契約状況が表示されるので「解除する」を選択して、あとは画面に従っていく。


これで終わり。

@niftyの中の人曰くPS4の対戦であればこれでOK。ただ、その他でうまくいかないものがある場合は、IPv6接続オプションも解除した方が良いかも。

#「IPv6プラス」を解除すると自動的に「IPv6オプション」サービスへ移行される。
とのこと。
なので、4)に戻って、「IPv6接続オプション」も解除する。

解除が完了するのを待つ

@niftyホームページの「メール」をチェックし、解除受付のメール受信を待つ。

f:id:oto-man:20200101093208p:plain

IPv6サービスは他の業者が行っているので、そちらの作業完了を待つ。

業者の作業が完了すると解除完了のメール受信があるらしいが、解除した時点でインターネット接続できない状態になるとのこと。
スマホなどでチェックが必要。

IPv6が消えたらルータの設定を行う

1)使用しているルータはNTTのVDSL RV-S340NEですが、その設定画面に行く。

アドレスは192.168.1.1
2)ID、PWを入力して、ログイン

f:id:oto-man:20200101133103p:plain



3)接続設定1の認証IDとPWを設定(現在は不活性状態)すればインターネットが再度使えるようになる(とのこと)

インターネットが不通になったらルータの設定を行う

4)2日ほどすると、言われた通りインターネットが不通状態となり、ルータの設定画面を見ると、下記のように不活性であった設定情報メニューが活性化されていました。

f:id:oto-man:20200103163222p:plain

5)IDとパスワードを設定

f:id:oto-man:20200103163638p:plain

 

6)最後に「設定」を押して終わり

f:id:oto-man:20200103163736p:plain

まとめ

IPv6サービスへの移行に際しては、IPv4サービスとの相違点など、注意が必要であることがわかりました。

さらに、IPv6を解除することで、インターネットアクセスの体感速度がかなり向上したことが予想外でした

IPv6サービス(中の人は外部業者と言っていた)が重い?

とにかく、ビックリするほどWebレスポンスが速くなったことが驚きです。