時時腕時計(ときどき、うでどけい)

趣味で集めた古い腕時計や日々の出来事を綴るブログです

環境に優しいバンブーストローを作ってみました

バンブーストローは文字通り、竹でできたストローです。

ウミガメの鼻に刺さったプラスティックストローの痛ましいニュース映像がありましたね。

我が家にもたくさんのストローがあります。このストローがそんな痛ましいことにつながらないことを祈るばかりです。

そこで、使い捨てではなく再利用できる(する)、自然の力で分解可能な竹製のストローを作ってみました。

 

カフェで購入したストロー

きっかけはオーガニック料理を出してくれるカフェで販売していたストローです。

f:id:oto-man:20190923202351j:plain

海外製の竹のようで真ん丸の竹です。1本20円くらいで販売していました。

もちろんお店のドリンクもこのストローで提供されていて、飲みにくさもなく普通に使えました。

Amazonでもたくさん売られていますね。

これをお手本に自作したわけです。

材料採取

知り合いの竹林で風で倒れている竹から採取しました。

適当な太さの竹を見つけたら鋸で切ります。

この枝を切ると、

f:id:oto-man:20190923184908j:plain

こうなります。

f:id:oto-man:20190923184952j:plain

ストローを切り出す

採取した竹で使えそうな節は2節ですね。

f:id:oto-man:20190923185244j:plain

ピンク色が市販のプラスティックストローです。

節と節の間がストローになるので、節に近いところを切断します。

ちょっと、竹の方は節間が短いようですね。

 

f:id:oto-man:20190923185125j:plain

鋸は100均のノコです。

f:id:oto-man:20190923185200j:plain

 切り口がギザギザです。

f:id:oto-man:20190923185820j:plain

やすりで削ります。私は金属のやすりを持っていたのでそれを使いましたが、紙やすりでもOKです。

f:id:oto-man:20190923185745j:plain

 

 使うための準備

短めのストローですが、グラスに挿すとこんな感じです。

f:id:oto-man:20190923195817j:plain

次に煮沸消毒をします。

f:id:oto-man:20190923195859j:plain

グラグラと1分ほど煮ます。

冷めると白い粉っぽいのが浮かんでくるので、キッチンペーパーで磨き上げます。

f:id:oto-man:20190923200008j:plain

完成です。

f:id:oto-man:20190923202221j:plain

傷があったり切り口がデコボコですが上等です!

使っていくにつれて、緑が薄れてベージュに変化していきます。

 

まとめ

バンブーストロー(Bamboo Straw)を作るのは簡単です。

量産するものでもないので、洗って再利用する習慣がつきます。

園芸店にある農業用の支柱なんかも使えるかもしれませんね。

最後に集合写真。

f:id:oto-man:20190923203444j:plain

左から、

・今回制作した2本

・カフェで購入した3本

・4か月前に製作して色が変わった1本

・プラスティックストロー

いかがでしたか。

竹製ストローを作るというより、環境に配慮した生活を意識することが大事だと思いました。